自民党の竹下亘元総務会長は1日、野党が菅内閣不信任決議案を提出すれば衆院解散につながる可能性があると指摘し、けん制した。党本部で記者団に「内閣不信任案は野党から見れば伝家の宝刀だ。抜くときは覚悟してもらわないといけない」と述べた。

 内閣不信任案について「与党としてはいつでも受けるという広い心を持って対応する」と強調。「対応とは否決もあるし、もちろん解散もある。野党には十分頭に入れてほしい」と指摘した。