東海大相模が劇的にサヨナラ勝ち。2―2で迎えた九回。深谷のバント安打を足場につくった1死満塁から、小島の適時打で試合に終止符を打った。

 先手を取られる苦しい展開だったが、食らいついた。一回に1点を先制された後、すぐに小島のスクイズで追い付いた。1点を追う五回には求の二塁打で同点とした。

 先発の石川、四回途中から2番手で登板した求が踏ん張った。六回途中から3番手で登板したエース石田が切れのある変化球で抑え込んで得点を許さず、流れを呼び込んだ。

 明豊は七回以外は得点圏に走者を進めながら、2得点にとどまった。要所を締められて、あと1本が出なかった。