第48回将棋大賞選考委員会が1日、東京都内で開かれ、2020年度の最優秀棋士賞は最年少で二冠に輝いた藤井聡太王位・棋聖(18)が初めて受賞し、記録部門の勝率1位賞(8割4分6厘)と最多勝利賞(44勝8敗)も獲得した。優秀棋士賞には、三冠の渡辺明名人・棋王・王将(36)が選ばれた。

 藤井二冠は昨年の棋聖戦で渡辺三冠を破り、最も若い17歳11カ月でタイトルを奪取。続く王位戦にも勝ち、二冠となった。その後もテレビ棋戦の銀河戦優勝、全棋士参加の朝日杯オープン戦優勝などが評価された。