携帯電話大手ソフトバンクは1日、同日付で社長に就任した宮川潤一氏が200億円規模の同社株式を取得すると発表した。宮川氏個人の取引で、2日から市場で順次買い付け、一定期間継続する。同社が宮川氏に買い付け資金を全額融資する。

 宮川氏は「個人として株式を保有することで、事業環境の変化を乗り越える決意と、事業の成長を望む気持ちを利害関係者と共有したい」とのコメントを出した。

 3月31日時点の株価で取得した場合、保有割合は発行済み株式の0・3%となる。宮川氏は同日時点で0・01%を持っている。同社の役員個人による買い付けとして過去最大という。