【パリ共同】パリに隣接するオードセーヌ県は3月31日、セーヌ川の中州セガン島の先端に設置するモニュメントとして、現代美術家、名和晃平さんの作品を選んだと発表した。設置場所は建築家、坂茂さんらが設計した音楽複合施設の隣で、日本人が手掛けた作品が並ぶことになる。

 作品は「エーテル(平等)」と題した高さ25mの彫刻。「固いしずくが落下する様子を視覚化」し、万物に作用する重力の法則を通じて平等を表現する。来年夏に設置される予定。

 名和さんは「同じく日本人である坂さんの建築の傍らに(作品を)作ることを任せていただき、大きな喜びと責任を感じている。」とコメントした。