【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は3月31日、米陸軍の戦闘部隊にゴーグル型端末を供給する契約を結んだと発表した。米軍との協力関係を深める。契約は10年間で12万台以上、最大218億8000万ドル(約2兆4000億円)に上る。

 ゴーグル型端末は、目の前の景色にコンピューター映像を重ね合わせたAR技術を搭載し、MSのクラウドサービスを使用。MSは「(兵士の)状況認識を高め、さまざまなシナリオでの情報共有と意思決定を可能にする」と説明した。

 ロイター通信によると、MSは2018年に米陸軍と試作品供給の契約を結んだ。今回の契約で本格生産に移行する。