【モスクワ共同】ロシアの動物検疫当局は31日、ペットや家畜を新型コロナウイルス感染から予防するワクチン「カルニワク・コブ」がロシアで承認されたと発表した。動物向けワクチンの承認は世界で初めてとしている。

 同ワクチンは昨年10月からイヌ、ネコ、キツネ、ミンクなどの動物を対象に臨床実験が行われ、ワクチンを接種した動物の100%にコロナウイルスに対する抗体がつくられ、高い効果を示したという。

 ロシア当局は現在、同ワクチン接種により形成される免疫がどれだけの期間有効となるか調査中だが6カ月以上は確実とみている。動物向けワクチンは4月にも大量生産が始まる見通し。