両チームとも決め手を欠き引き分けた。西武が五回に呉念庭のプロ初本塁打で1点を先制。日本ハムは新人の伊藤が6回1失点と試合をつくった。六回に西川の適時打で追い付いたが、4度の満塁機を生かせずリードを奪えなかった。