【モスクワ共同】ロシア上院は31日、プーチン大統領の現在の任期が切れる2024年以降も最大で2期12年の続投を可能とする「大統領選挙法」の改正案を賛成多数で採択した。昨年7月に発効した改正憲法の内容を当該法にも反映させた。下院は24日に採択済みで改正法案は議会を通過、大統領の署名を経て発効する。続投を可能とする法制度が整った。

 プーチン氏は24年の出馬を「排除せず」と続投の可能性をちらつかせている。だが実際は自らの退陣と後継者へ政権移譲を検討しているとの見方が根強い。

 20年以上最高権力者として君臨するプーチン氏は通算4期目で24年に退陣するはずだった。