広島が1分けを挟んで3連勝。2―2の六回にクロンの来日1号のソロで勝ち越し、七回は菊池涼も一発。6回2失点で白星の床田は同点二塁打も放った。栗林が連日のセーブ。阪神は八回の好機で大山が倒れるなど、つながりを欠いた。