政府は31日、新型コロナウイルス緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」を大阪府に適用する方針を固めた。府が同日要請した。4月1日の政府対策本部で正式決定する。適用されれば全国初。菅義偉首相は西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と対応を協議した。感染が再拡大する宮城、兵庫両県も対象とする方向で最終調整。山形、沖縄両県の意向も確認しているが慎重だ。大阪、宮城、兵庫の期間は5日から5月5日で検討する。吉村洋文府知事は大阪市域を対象とすると表明した。

 首相は記者団に大阪府への適用を政府対策本部に諮ると説明し「自治体としっかり連携しながら対応したい」と語った。