小型プロペラ機によるエアレースのパイロット、室屋義秀さん(48)が31日、東京都内の上空11カ所で「ニコちゃんマーク」を白色のスモークで描くフライトを実施した。都内各地では空を見上げ、写真に収める人の姿が目立った。

 正午すぎに東京スカイツリーからスタートし、東京タワー、渋谷などへ移動しながら直径約1キロのマークを描いた。「うつむきがちになる状況も多い中、ほんの数分でも空を見上げることで気分がリフレッシュできて、少しでも気持ちが明るくなってもらえたら」との思いで飛行した。

 室屋さんの公式ツイッターには「元気をもらえました」などの声が寄せられた。