厚労省職員23人が深夜まで会食していた問題を巡り、日本医師会の中川会長は31日の記者会見で「新型コロナウイルス感染症対策に日夜取り組んでいる医療関係者などの努力を踏みにじる行為で、本当に残念だ」と批判した。

 これに先立ち、菅首相は同日の衆院内閣委で「国民に申し訳なく、心からおわびする」と重ねて謝罪。田村厚労相の監督責任については「うみを出して国民の信頼に応えるよう取り組んでほしい」と述べ、辞任は必要ないとの認識も示した。

 衆院厚労委では共産党の宮本氏が「リバウンドや変異株が広がり、国民により協力をお願いしないといけない局面であり、深刻な問題だ」と訴えた。