女子ゴルフのヤマハ・レディース葛城に出場する選手が開幕前日の31日、静岡県の葛城GCで最終調整し、昨年と統合された今シーズンで未勝利の鈴木愛は「流れに乗り切れていない。でも調子自体は悪くない」と前向きに語った。

 メジャーのANAインスピレーションと日程が重なっており、渋野日向子や原英莉花は渡米。鈴木は出場資格を持っているものの日本にとどまり「米国はコロナの感染者が多い。リスクを負ってまで行くのはどうかなと思った。先に日本で勝ちたいと思うこともある」と説明した。今季3勝の古江彩佳も出場権を有していたが、国内ツアーで戦う。