東京消防庁の消防総監に就任する清水洋文次長(58)が31日、同庁で記者会見し、今夏に控えた東京五輪・パラリンピックの成功のため「新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底させつつ、大会関連施設の防火安全対策に万全を期していく」と抱負を語った。就任は4月1日付。

 清水氏はコロナ禍での円滑な救急業務体制の構築や、現場への到着時間短縮のために救急隊を増やすと表明。定年退職に伴う世代交代で経験の少ない隊員が増えているとして、夜間など多様な現場を再現できる屋内型の訓練施設を整備することも明らかにした。

 清水氏は東京都檜原村出身。