西武の山川穂高内野手が31日、出場選手登録を外れた。前日30日の日本ハム戦で本塁打を放った後に左脚を痛めて守備から交代。球団によると痛みがひかないため東京へ戻り、病院で受診するという。

 栗山巧外野手は下肢に軽い張りがあるために出場選手登録を外れた。26日のオリックスとの開幕戦に出場後に訴え、翌27日から欠場。球団によると張りが取れないため大事を取って治療に専念することにしたという。