明豊が継投で逃げ切った。先発の太田は要所で切れのある直球をコースに投げきり、六回途中4安打3失点。2番手の京本も2安打1失点と粘った。守備は無失策でもり立てた。打線は四回に塘原の犠飛で先制。さらに、太田や阿南の適時打などで4点を追加した。

 中京大中京は先発の柴田が四回に制球が甘くなった。打線は的を絞りきれずに、要所を締められた。一、四回の好機での無得点が痛かった。九回も1点を返したが、及ばなかった。