日立製作所は31日、米IT企業のグローバルロジックを総額96億ドル(約1兆円)で買収すると発表した。投資ファンドなどから全株式を取得し、7月末までに買収手続きを終える見通し。グローバルロジックが持つ欧米400社超の顧客基盤を取り込み、日立の販路を拡大する。

 グローバルロジックは米国のシリコンバレーに本社を置く2000年設立のシステム開発会社で、14カ国に2万人超の従業員が在籍。21年度の売上高に当たる売上収益は12億ドルを見込む。

 日立は近年注力するデジタル事業との相乗効果を見極めて、企業の合併・買収やグループ会社の売却といった事業再編を進めている。