富士フイルムホールディングス(HD)は31日、古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)が退任し、最高顧問に就く人事を発表した。6月下旬の株主総会を経て正式決定する。

 古森氏は2000年6月に富士写真フイルム(現富士フイルムHD)社長に就き、約21年間にわたって経営トップとして同社の業績回復をけん引した。

 後任の会長に助野健児社長が就任し、後藤禎一取締役が社長兼CEOに昇格する人事も併せて発表した。31日午後に記者会見を開き、一連の人事について説明する。