高島屋傘下の不動産開発会社の東神開発は31日、千葉県流山市の商業施設「流山おおたかの森S・C」に新施設「FLAPS(フラップス)」をオープンした。流山おおたかの森駅前に立地し、30~40代の子育て世代向けの雑貨店や飲食店、学習塾など32のテナントが順次営業を開始する。

 新施設は地上6階建てで、既存施設や駅とウッドデッキでつながる。シェアオフィスや子ども向けの遊び場などもある。31日は開業前に家族連れなど約500人が並んだ。

 駅周辺では東神開発が今秋、テレワークなどに使える複合ビルを開業するほか、来夏には地域住民が交流などに使う施設もオープンする。