立憲民主、共産、国民民主の野党3党の国対委員長は31日、国会内で会談し、総務省幹部への高額接待問題を巡り、武田良太総務相に対する不信任決議案を同日午後に衆院に提出する方針で一致した。立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「武田氏の国会での態度は極めて誠実さに欠け、信頼が失われた」と述べた。4月1日の衆院本会議で採決され、与党は否決する見通しだ。

 安住氏は31日に自民党の森山裕国対委員長と会談し、提出方針を伝達した。森山氏は「武田氏はよくやっている。提出はよく理解できない」と記者団に述べた。野党は31日午後に幹事長らが会談し、提出を最終確認する方向だ。