衆院厚生労働委員会は31日、厚労省職員23人が東京・銀座の飲食店で深夜まで会食をしていた問題などを巡り審議した。政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国民に大人数での会食を控えるよう求めており、野党は信用を失墜する行為だとして追及。田村憲久厚労相は「感染症対策を進める立場にある厚労省においてあってはならないことで誠に申し訳ない」と改めて陳謝した。

 会食は東京都が午後9時までの営業時間短縮を要請していた24日に、介護保険制度を担当する老健局老人保健課の送別会として行われ、課長を含む23人が出席した。