【ワシントン共同】米国務省は30日、世界約200カ国・地域を対象にした2020年版人権報告書を発表し、中国当局による新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族に対する「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を非難した。ロシアの人権状況も批判した。

 この報告書の発表はバイデン政権発足後、初めて。強い非難内容に中国側が反発する可能性が高い。

 ブリンケン国務長官は30日の記者会見で、中ロの人権侵害に対し「基本的人権やルールに基づく国際秩序のために立ち上がる」と強調。欧州などと共同歩調を取った対中制裁の実績も上げ、同盟・友好国と連携し人権状況の改善を求めていく考えを示した。