日本や米国など14カ国は31日未明、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの起源解明のため中国で行った調査に対し「懸念を表明する」との共同声明を出した。「調査の実施が大幅に遅れ、完全なオリジナルのデータや検体へのアクセスが欠如していた」として、透明性や独立性を問題視した。中国側の対応をけん制した格好だ。

 WHOの国際調査団は30日、中国科学院武漢ウイルス研究所からウイルスが漏えいした説を否定する調査結果を中国側との共同報告書の形で公表。中国外務省はこれを称賛した。異例の共同声明の背景には国際保健分野での米中対立が透ける。