【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は30日、新型コロナウイルスの起源解明のため中国湖北省武漢を訪れた国際調査団の報告書を公表し、中国の研究所からウイルスが漏えいしたとの説を否定した。自然界から中間宿主の動物を介して人間に感染が広がったとみられると結論付けたが、宿主の動物の特定などには至っておらず、起源解明には時間がかかるとみられる。

 日米などは調査に関し「実施が大幅に遅れ、完全なデータや検体へのアクセスが欠如した」と懸念を示す共同声明を発表した。一方、中国外務省は声明で「科学的で専門的な精神を示した」と報告書を称賛した。