中日は2―3の八回、平田の適時打で追い付き、九回で引き分けた。巨人は1―2の四回に中島のソロで同点。八回は坂本の二塁打で勝ち越したが、その裏に大竹が打たれた。大野雄とサンチェスはともに7回2失点と試合をつくった。