携帯電話大手ソフトバンクは30日、傘下の格安スマートフォン事業者LINEモバイル(東京)の全株式を取得し、4月9日付で完全子会社化すると発表した。LINEモバイルは3月31日で新規の申し込み受け付けを終了する予定で、ソフトバンクは完全子会社化後、吸収合併する方針。携帯事業で通信アプリと連携したサービス創出を進める。

 ソフトバンクはLINEモバイルの約60%の株式を保有しており、残り約40%をLINEから買い取る。金額は非公表。LINEモバイルの既存顧客向けのサービスは継続し、プラン変更などの対応は受け付ける。