【ソウル共同】韓国外務省報道官は30日、日本の高校教科書の検定結果公表を受け「自国中心の歴史観に基づき、過去の事実をありのまま記述していない教科書を検定で通したことに強く抗議し、即時是正を求める」との声明を発表した。

 同省は30日、在韓国日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼んで抗議した。

 声明は、韓国が領有権を主張する島根県・竹島について、日本固有の領土とした教科書の記述を念頭に「荒唐無稽な主張が含まれた」と批判した。

 旧日本軍の従軍慰安婦問題でも「自ら表明した責任の痛感とおわび・反省の精神に基づいて関連の歴史教育に取り組んでいくよう求める」とした。