神奈川県で30日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と、96人の感染が明らかになった。県と横浜、川崎、相模原、横須賀、藤沢、茅ケ崎の各市が発表した。

 横浜市によると、クラスター(感染者集団)が発生した特別養護老人ホームを利用していた80代男性の死亡が確認された。

 また、横浜市は高齢者施設で実施した集団検査で、陽性の7人に誤って「陰性」と伝えていたと明らかにした。委託先の民間検査機関で検体を取り違えたのが原因で、全員に謝罪した。ミスによる新たな濃厚接触者はいない。この7人は29日に発表した感染者に含まれている。