ファミリーマートは30日、JR東京駅近くに31日開業する無人決済店舗「ファミマ!!サピアタワー/S店」を報道陣に公開した。店員とやりとりせずに非接触で決済ができる。新型コロナウイルス感染の防止に役立てるほか、店舗の人手不足の解消につなげる。

 来店客が商品を手にしたりバッグに入れたりすると、天井のカメラや商品棚のセンサーが認識する仕組みで、出口のタッチパネルで購入内容を確認し決済する。来店客の問い合わせにはタッチパネルを通じ遠隔でオペレーターが応対する。

 新店舗の広さは通常店舗の4分の1の約55平方メートルで、約700品目を扱う。