大阪府は30日、新型コロナウイルスの感染者4人が死亡し、432人が感染したと発表した。東京都が同日明らかにした感染者の364人を上回った。1日の感染発表が400人以上となるのは緊急事態宣言が出ていた1月24日以来。重症者も前日から7人増えて90人となり、確保する重症病床の使用率は40・2%まで上昇した。1週間平均の陽性率は2・8%。

 吉村洋文知事は週内に対策本部会議を開き、「まん延防止等重点措置」の適用を国に求める方針を決める。会議では対象地域についても「一定の方向性、知事としての考えは示したい」とした。