お笑いタレントの内村光良が東京都内で開かれたキリンビール「麒麟特製レモンサワー」のPRイベントに登場した。東京湾沖で大がかりなロケを敢行した新CMも公開され、内村は「手間暇を掛けました」と撮影を振り返った。

 CMは今年1月、屋形船と並走する船から通常より高い約5メートルの照明をいくつも当てながら撮影したという。良い映像を撮ろうと奮闘するスタッフの姿を見て、内村は「感動してしまって…。(自分も)頑張らなきゃと思った」と語った。

 商品は、レモンを長時間煮詰めたエキスと、皮ごとすりおろしたエキスを使用している。内村はこだわりを知るべく、これらの材料を使ったサワー作りに挑戦した。

 内村は、レモンをすりおろしながら「中高生の頃は1個を丸かじりして、ジョギングしていた」と思い出話を披露。映画「ロッキー」に影響され、主人公と同じグレーのスエットを着たとか。レモン好きはその頃からで「今回のオファーは運命と思います」と話した。

 司会者から止められるまですりおろしに専念していた内村は「もういいですか? 料理ができない旦那はすりおろし専門になる。こんな所で役立つと思わなかった」とつぶやき、笑いを誘った。