日銀の黒田東彦総裁は30日、共同通信きさらぎ会でインターネットを通じて講演し、日銀が今月の金融政策決定会合で決めた金融政策の修正について「金融緩和の持続性と機動性を高めることで、枠組みを一層強化するものだ」と意義を強調した。

 日銀は、機動的に追加金融緩和を実施するため、金融機関の収益に配慮した新制度の創設を決めた。黒田氏は、追加緩和の手段として長短金利の引き下げが重要な選択肢だと強調した上で「金融仲介機能への影響に配慮する仕組みを整えることで、金利引き下げという追加緩和の実効性を高める」と説明した。