大陸からの西風の影響で30日は西日本から北日本の広い範囲で黄砂が観測され、山口県下関市や滋賀県彦根市では肉眼で見通しの効く距離「視程」が3キロまで落ちた。黄砂は31日にかけて続く見通し。視程が5キロ未満になると交通障害の恐れが強まるため、気象庁は注意を呼び掛けている。

 同庁によると、30日午前の視程は福岡、大分、神戸の各市4キロ、佐賀、長崎、熊本、松山、鳥取、大阪、奈良、京都の各市5キロ、岡山、高松、金沢、福井、福島、山形の各市6キロ、和歌山市7キロ、広島、富山、新潟、仙台の各市8キロなど。