【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBAは29日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は本拠地ワシントンでのペーサーズ戦に先発して36分25秒プレーし、26得点、8リバウンド、3アシストだった。チームは132―124で勝って、17勝28敗となった。

 ラプターズの渡辺雄太は敵地でのピストンズ戦に途中出場し、9分37秒のプレーで4得点、4リバウンド、2スチールだった。チームは104―118で敗れ、3連敗で18勝29敗。