東京五輪の聖火リレーは30日、群馬県でスタートした。福島、栃木両県に続いて3県目。館林市のつつじが岡公園を出発、大泉町では県立渋川工業高教諭で、ラグビー部顧問の岩崎一芳さん(54)が車いすでトーチを運んだ。

 岩崎さんは新潟大1年のとき、ラグビーの試合中に頸椎を損傷したが、ラグビー部の仲間に支えられて大学を卒業。群馬県内初の車いすの高校教諭になった。大泉町のリレーで最終走者を務め、トーチを固定した車いすを力強くこいで進んだ。

 太田市では2019年のラグビー・ワールドカップで活躍した堀江翔太選手(35)が走る。