【ロンドン共同】ロンドンを含む英南部イングランドで29日、新型コロナウイルス対策として1月から続いたロックダウン(都市封鎖)が一部緩和された。今月上旬の学校再開に続く政府の段階的な規制緩和策の一環。欧州では流行の「第3波」が始まっており、ジョンソン首相は引き続き注意を払うよう国民に訴えた。

 規制緩和により、屋外に限り、最大6人まで集まったり、テニスやゴルフのスポーツをしたりすることが可能になった。ジョンソン氏は記者会見で、規制に耐えてきた国民の忍耐力をたたえる一方、「慎重に(緩和を)進めないといけない」と強調した。