田村厚労相は30日の記者会見で、新型コロナ感染拡大を受けた東京都による営業時間の短縮要請が続いていた24日の深夜、同省職員23人が東京・銀座で会食していたと明らかにした。田村氏は「国民の信用を裏切り、おわびする」と謝罪。早急に調査し厳正に処分する方針を明らかにした。

 田村氏は「今、類似の事案がないか確認中だ」とも述べ、23人以外にも深夜に会食していないか省内全体を調べていると述べた。

 厚労省は30日の参院厚労委で、会食には老健局老人保健課の職員の大半が出席したと説明。午後11時まで営業している店を探して予約し、翌午前0時近くまで及んだことを明らかにした。