政府は30日、第4次犯罪被害者等基本計画を閣議決定した。インターネット上の誹謗中傷や死傷者が多数に上る事件への対応、性的マイノリティーや障害のある被害者への配慮などを盛り込んだ。性暴力やストーカー被害者、虐待を受けている児童への支援強化も明記した。4月から始める。

 今回は、第3次計画以降に起きた、女子プロレスラー木村花さん=当時(22)=が会員制交流サイト(SNS)で中傷された後に死去した事件、相模原障害者施設殺傷事件や京都アニメーション放火殺人事件などを受けた対策も反映した。

 計画では、ネット上の誹謗中傷は、相談に適切に対応できるよう体制充実に努める。