【ニューヨーク共同】米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが絡んだとみられる取引により、一部の金融機関に多額損失の恐れが生じた問題で、米ブルームバーグ通信は29日、米証券取引委員会が「先週から事態を注視し、市場関係者と連絡を取っている」と報じた。米政権も関心を持っているとしている。

 29日のニューヨーク株式市場は、JPモルガン・チェースなど米金融大手株が値下がりしたが、ダウ工業株30種平均は続伸して過去最高値を更新しており、損失問題の影響は限られた。

 野村ホールディングスやスイスの金融大手クレディ・スイスが多額損失を計上する可能性を公表した。