政府は29日、各省庁など関係機関が機密性を有する情報をやりとりする際に、無料通信アプリLINE(ライン)の利用を一時的に停止すると明らかにした。LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧できた問題を受け、安全対策のため情報管理を徹底させる。

 総務省など関係省庁からなる専門チームを近く立ち上げ、ガイドラインの早期策定を目指す。

 LINEは23日、海外の委託先の業務内容や日本人の個人情報へのアクセス状況に関し、個人情報保護委員会に報告した。こうした内容を踏まえ、個人情報や機密性の高い情報を含まないLINE利用については政府機関の利用を認めることとした。