大阪市民病院機構は29日、市立総合医療センター(同市都島区)の女性看護師(45)が余って廃棄予定だったインフルエンザワクチンを持ち帰り、自分の子ども3人に接種したとして停職3カ月の懲戒処分にした。看護師は「捨てるのはもったいないと思った」と説明している。

 機構によると、看護師は2019年12月ごろ、ワクチンと注射器3本を自宅に持ち帰り、子ども3人に接種した。使用済みの注射器などは病院で医療廃棄物として処分した。医師の指示がなく、医師法などに抵触する可能性があるという。