1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、24日にがんのため53歳で死去した古賀稔彦さんの葬儀・告別式が29日、川崎市内の寺院で営まれた。同五輪78キロ級を制覇した吉田秀彦さんら約千人が参列し、「平成の三四郎」と最後の別れを惜しんだ。

 東京の柔道私塾「講道学舎」で中学、高校時代を古賀さんと過ごした後輩の吉田さんが弔辞を読んだ。五輪に一緒に出場した谷亮子さんや野村忠宏さん、2004年アテネ五輪女子63キロ級覇者で教え子の谷本歩実さん、日本体育大の後輩で東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩選手も参列した。