歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さん(76)が28日夜に東京都内のホテルで体調不良を訴え、病院に救急搬送されたことが29日分かった。松竹が明らかにした。

 吉右衛門さんは28日は東京・歌舞伎座での公演に出演していた。現在療養中で29日の公演は休演する。1月にも体調不良で歌舞伎座での公演を休演した。

 吉右衛門さんは八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男。母方の祖父、初代中村吉右衛門の養子となり、中村萬之助を経て、1966年に二代目吉右衛門を襲名した。テレビ時代劇「鬼平犯科帳」シリーズ約150作で、江戸の盗賊を取り締まる長谷川平蔵を演じたことでも知られる。