ラグビー、トップリーグ(TL)のパナソニックは29日、順大医学部に合格したWTB福岡堅樹(28)が、4月以降も今季が終了するまではチームでプレーすると発表した。TLは4月17日にトーナメント方式のプレーオフが始まり、決勝は5月23日に行われる。

 医師を目指して今季限りで引退する福岡は、2月に開幕したTLでは5試合のうち4試合に出場し、いずれもトライを奪って計6トライを挙げている。日本代表では38キャップで、ワールドカップ(W杯)は2015、19年の2大会に出場。7人制でも16年リオデジャネイロ五輪代表として4位に入賞した。