栃木県内で28日に1日目が行われた東京五輪の聖火リレーで、大会組織委員会は同日、足利市の2区間で沿道に観客らが集まり過ぎて「密集」状態が発生していたと明らかにした。「短時間であり、リレーの中断などの混乱には至らなかった」としている。

 足利市では、この日の第1走者を務めたタレントの勝俣州和さんを見ようと、多くの人が、入場者数が制限されていた陸上競技場周辺に詰め掛けた。ゴール地点の市役所付近にも多くの観客が集まったという。

 組織委は、多くの観客が肩を触れ合う程度に密接している場合や、十分な間隔を空けず複数列に重なり合っている場合を「密集」と事前に説明した。