【カイロ共同】エジプトの首都カイロで27日、10階建ての住宅ビルが倒壊し、地元紙によると、28日までに住民ら23人の死亡が確認された。20人以上が負傷した。

 政府系紙アルアハラムによると、倒壊したビルは当初6階建てだったが許可を得ずに増築されており、違法建築の疑いがある。

 人口約2100万人のカイロでは高層住宅が密集しているが、老朽化や違法建築に伴う建物の倒壊がたびたび起きている。