1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、24日にがんのため53歳の若さで死去した古賀稔彦さんの通夜が28日、川崎市内の寺院で営まれた。小雨も降る中、ともに同五輪を制覇した吉田秀彦さんら約3千人が「平成の三四郎」と称された柔道家との早過ぎる別れを惜しんだ。

 バルセロナ五輪決勝で勝った瞬間の姿などの遺影が掲げられ、白の柔道着姿でひつぎに。吉田さんは「現実とは受け取れない」と涙を拭い、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は「やり残したことがたくさんあったと思う」と悼んだ。

 戒名は「柔よく剛を制す」や金メダルから「金剛院献柔稔制大居士」となった。