サッカー日本代表は28日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組のモンゴル戦(30日・フクダ電子アリーナ)に向け、千葉県習志野市内で冒頭以外を非公開として調整した。

 新型コロナウイルスの影響で延期が続いたW杯予選の試合は1年4カ月ぶり。練習開始時には主将の吉田(サンプドリア)や南野(サウサンプトン)らがボール回しで体をほぐし、27日は別メニューだった鎌田(アイントラハト・フランクフルト)も参加した。

 日本は4戦4勝でF組首位。モンゴルは1勝5敗の最下位で既に敗退が決まっている。