横浜市中区のニュースパーク(日本新聞博物館)で28日、「地域の編集2020―2021 コロナ禍におけるローカルメディア」が開かれた。地元新聞や地域メディアの記者ら8人が登壇、西日本新聞社の福間慎一さんが「記事が暮らしの疑問や地域の困りごとが解決する一助になれば」と提言するなど、活発な議論を交わした。

 イベントは、新聞離れが進む現代にどうニーズに応えていくべきか、新たな知見を広げる目的で開催された。

 福間さんは西日本新聞で、地域住民の困っている声を拾う「あなたの特命取材班」という企画を担当。「メディアは読者が知りたいことを届けなければならない」と訴えた。